オリジナルデザインのマグ・食器・雑貨のOEM製作

 

ホームデザインの上絵付について

 マグカップなどの陶磁器にロゴなどのデザインを上絵付するには、まず、シルク印刷で転写紙を製作します。

 この転写紙はプラモデルに貼る水シールと同様なもので、マグのなどの上絵付する陶磁器の表面に貼り付け、

 800度の高温の窯で焼き付けます。

 800度の高温で焼くことで、転写シールに印刷された顔料が陶磁器に溶着されます。

 有名陶磁器メーカーと同じ加工方法での上絵付加工をしています。

 電子レンジ(金・銀転写を除く)・食洗器・漂白剤の利用もOKです。

 (さらに高温の約1200度の温度で焼くイングレーズという加工方法は、磁器の表面の釉薬の層の中に顔料を溶け入れる加工方法です。)

 

 

転写シール

 

 ※イン・ザ・ナチュラルの上絵付の加工方法は、WEBでよく見かける昇華転写ではありません。

 昇華転写は、インクジェットプリンターで印刷した転写シートをポリエステル系の表面加工をしたマグに

 200度前後の低温でインクを移したものです。

 ポリエステルのコーティングがダメージを受けやすいので、この加工方法はお勧めいたしません。

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス